長襦袢とは。中古の着物として買い取ってもらえるの?

長襦袢とは。中古の着物として買い取ってもらえるの?

 

長襦袢とは着物の下に着るもので、「ながじゅばん」と読みます。
着物を二枚重ねた着方になり、肌着の上から着る着物の下着のようなものです。
長襦袢の生地には、絹、木綿、ポリエステル、モスリン、麻などがあり、
色柄も無地のもの、柄物まで様々あります。後ろ身ごろに大胆な柄があるものもあります。
夏の暑い季節でも、必ず長襦袢を着ます。
生地には絽や紗の夏素材を使います。これらの素材は透け感があり、通気性が良いのが特徴です。

 

また、長襦袢には必ず「半衿」というものをつけます。
半衿は衿にかける掛け衿のことで、衿足の汚れを防ぐ為のものです。
着物の色との色あわせとを気にする必要があります。
但し、既製品の場合には、半衿がミシン縫いされていますので新たに取り付けをする必要はありません。

 

中古の場合、長襦袢をメインに買い取ってもらうというよりは、
着物をメインに査定に出すときに、おまけとしてそれも一緒に出すと少し買取額が高くなるぐらいとなっています。
また、一切買取をしていないリサイクル店などもありますし、買取はしているけれど、買取価格が低いところもあります。
最近では、化繊で作られた長襦袢が安価で入できるようになったので、中古の長襦袢の需要がほとんどないのが現状です。
こだわりの意匠が施されていたり、化繊でないものであれば買取対象となる可能性が高いといえますが、
お店によって買取対象になるか、ならないかの差がはっきりしていますので、
事前にリサイクル店などへ確認するのが良いでしょう。