着物買取ナビでは、着物を1円でも高く売るための必須知識を網羅してまとめています

着物 買取

 

着物買取ナビでは、着物を1円でも高く売るための必須知識を網羅してまとめています。

 

どうせ着物を売るのなら1円でも高く売りたいですよね。
でも、着物ってそもそも売れるの?
こんなに古くてボロボロの汚い着物が売れるなんて思えない。
そう思って、まずは着物買取の相場を調べたいという人も多いと思います。
でも、着物買取の相場って、ネットで調べても真実はよく分からないと思います・・・。

 

ネット上にある相場情報は、着物買取業者のものばかり。
口コミとして掲載されている相場情報も、どうも着物買取業者のステマとかやらせっぽい・・・・。

 

結局、着物っていくらぐらいで売れるの?
そんな人のために、着物買取ナビでは、着物買取の相場情報とともに、着物を1円でも高く売るために必要な着物の基本的な知識を網羅してまとめました。

 

着物を1円でも高く売りたいという人は、是非、着物買取ナビの情報を参考にしていってくださいね。

 


着物ってそもそも売れるの?

着物 買取

 

そもそも着物って売れるの?って思う人もいるかもしれません。
とくに古くてボロボロの汚い着物なんて売れるわけがない・・・と思っている人もいるかもしれないです。

 

でも、いくらボロボロで古くて汚い着物だからといって、そのまま捨てて処分してしまうのは本当にもったいない!
ご高齢の方が亡くなってしまい、残されたご家族が遺品整理をしていると、大量の着物や帯、和装小物などが出てくる場合が結構あるのですが、ほとんどの方は着物の価値に気づかず、そのまま捨てて処分してしまうそうです・・・。
着物を捨てて処分してしまうのは本当にもったいないんです。

 

というのは、着物というのは実は高く売れるから。
どんなに古くて汚いボロボロの着物であっても、買取で値段がつかないということはほとんどありません。

 

古くて汚いボロボロの着物でも、それなりの値段で買い取ってもらえます!

着物 買取

もちろん、どんな着物でも高く売れるなんてことは、着物買取ナビではいいません。
でも、古くて汚いボロボロの着物であっても、価値が0といことは決してなく、相場に応じたそれなりの値段で買い取ってもらうことは可能です。

 

数十万円で売れる着物というのは、後にもご説明しますが、正絹の生地の着物であり、有名作家や伝統工芸品の着物に限られてしまうのが真実ですが、だからといって古くて汚い着物や、無銘の着物が売れないということもないんです。
着物であればどんな着物であっても、それなりの値段で売ることは可能です。

 

そのため、こんなボロボロで古くて汚い着物なんてどうせ売れないと思って、そのまま捨てて処分してしまうのは本当にもったいないんです。
捨てて処分してしまうぐらいなら、着物が高く売れる可能性があることを知って、まずは無料査定だけでも試してみることを、着物買取ナビとしては強くおすすめしています。

 

着物が高く売れる理由とは

着物 買取

 

でも、どうして着物って高く売れるのでしょうか??
実は着物の需要というのは2014年ごろから上昇しているんです。

 

というのは、着物というのは、実は外国人からの需要が急上昇しているんです。
最近では、日本全国に多くの外国人観光客が来ていますよね。
東京都内だと外国人を見ない日の方が珍しいですし、地方でも観光地では多くの外国人観光客を見かけます。
着物というのは、そういった外国人観光客にとって、日本旅行のお土産として大変人気になっているんです。
単にお土産というだけではなく、日本の伝統文化が海外で人気になることも多く、それにともない日本の着物を欲しいという外国人の方も急増しているんです。

 

また、日本は国家戦略として、外国人観光客をどんどん呼び込み、インバウンド需要を盛り上げようとしています。
その流れの中で、実は着物の需要というのは年々増加しており、それにともない、中古の着物買取・リサイクル市場も急成長しているんです。
そのため、着物というのは以前よりも高く売れる可能性が高まっているんです。

 

どうせ古くて汚いボロボロの着物だから売れないでしょ・・・と思う前に、まずは着物の無料査定だけでも試してみたほうがいいです。
意外なほど高い金額で着物が売れる可能性があるんです。


着物を売るならどこがいいか

着物 買取

 

着物の需要は高まっており、実は高く売れる可能性があることは理解してもらえましたでしょうか?

 

でも、着物を売るならどこでもいいというわけではないんです。
着物を1円でも高く売るためには、きちんと高価買取してくれるところに売ることが大事です。

 

といっても、着物が売れる場所なんてわからない・・・という人も多いと思います。
多くの人の場合、着物を売りたいと思うと、とりあえず近所の質屋さんとかリサイクルショップ、古着屋さんに売りにいこうとするみたいです。
でも、これが間違いなんです!

 

というのは、近所の質屋さん、リサイクルショップ、古着屋さんというのは、着物の専門的な買取業者ではありません。
着物のことはほとんど知りませんし、最近の着物のインバウンド需要についても理解していません。
買い取った着物を販売する流通ルートも持っていません。
そのため、こういった質屋、リサイクルショップ、古着屋さんでは、着物を高く買い取ることは不可能なんです。
というよりも、そもそも着物の適正な査定なんて出来ないんですね・・・・。
適正な査定も出来ないため、買取OKだとしても二束三文の買取額になってしまったり、無料なら引き取りOKとしかいえないんです。

 

多くの人が、着物を売る場合に、こういった質屋やリサイクルショップ、古着屋に持ち込んでしまい、二束三文の値段しかつかないため、「着物は売れない」というイメージがつよく残ってしまうみたいです。
でも、着物というのはインバウンド需要が高まっており、実は高く売れる可能性があるんです。
そのためには、着物を売る先をきちんと選ぶ必要があるんです。

 

着物を1円でも高く売るためには着物専門の買取業者に売ろう

着物 買取

 

着物を1円でも高く売るためには、近所の質屋やリサイクルショップ、古着屋などではなく、きちんと売り先も選ぶ必要があります。
少しでも着物を高く売りたいのなら、着物を専門に取り扱いしている着物買取業者を選ぶ必要があるんです。

 

なぜかというと、着物を専門に取り扱いしている着物買取業者の場合、着物のインバウンド需要をよく理解しているため、着物の本当の価値を把握しています。
要するに中古市場で高く売れることが分かっているため、高く買取することも可能というわけです。
また、着物を専門的に取り扱いしているため、着物に関する知識にも当然ながら精通しています。

 

一口に着物と言っても、生地の種類、織り・染めの種類、作家もの、伝統工芸品、格式など、さまざまな要素があります。
こういった要素が複雑に絡み合って、着物の価値は決まってきます。
さらに大事なことは、中古市場でのその着物の人気度合い。
とくに昨今のインバウンド需要を考えると、外国人に好まれる着物かどうかというのも大事なポイントとなってきています。
こういった目できちんと査定しないと、着物の適正な査定は不可能であり、高価買取も難しいんです。

 

また、着物専門の買取業者の場合、独自の販売ルートも持っています。
買い取った着物をリユース市場に転売することで利益を得るわけですが、着物買取業者では独自の販売ルートを持っています。
結局のところ、着物をいかに高価買取できるかというのは、どれだけの販売ルートを確保しているかにかかってきます。
着物を専門的に取り扱いしている着物買取業者の場合、中古の着物の販売ルートをしっかりと持っているため、着物の高価買取が可能になるんです。

 

つまり、着物を1円でも高く売りたいなら、近所の質屋さん、リサイクルショップ、古着屋さんではなく、着物を専門的に取り扱いしている着物買取業者に売ることが大事なんです。


着物買取業者の選び方

着物 買取

 

着物を1円でも高く売るためには、着物を専門的に取り扱いしている着物買取業者を選んだ方がいいということは理解してもらえましたか?

 

でも、実は着物を専門的に取り扱いしている着物買取業者って結構あるんです。
その中でどの着物買取業者がおすすめなのか分からないという人も多いと思います。
ネット上には、着物買取サイトランキングのようなサイトも結構ありますが、それも正直そんなに当てにはなりません。

 

結局のところ、どの着物買取サイトが高く着物を買い取ってくれるかは事前には分かりません。
というのは、着物の買取金額というのは、当然ながら着物によってかなり変わってくるからです。
着物の買取金額の高い順のランキングですと言ったところで、その着物についてはたまたまその順番のランキングなのかもしれませんが、他の着物の場合、そのランキングの順番はひっくり返るということは普通にあります。

 

結局、着物を実際にいくらぐらいで買取してくれるかというのは、その着物買取業者に査定してもらわないと分かりません。
つまり、高価買取の順番のランキングなんてありえないし、あったとしても参考にならないんです。

 

それなら、どうやって着物買取業者を選べばいいの?と思うかもしれないですね。
そこで着物買取ナビでは、着物を安心して売るために、着物買取業者を選ぶ上で大事なポイントをまとめてみました。

 

着物買取業者を選ぶためのポイント

 

着物買取ナビでは、着物を安心して売るために、着物買取業者は下記のポイントに注意して選ぶことをおすすめしています。

 

古物商許可証をもった正式な買取業者か
自分にあった買取方式か
査定だけでも無料でOKか
押し買いなど強引な買取はおこなわれていないか
クーリングオフなどの精度が整っているか
買取実績を公開しているか

 

他にもいろいろあると思いますが、まずは上記のポイントだけでも注意しましょう。
ここでは、着物を安心して売るために、着物買取業者を選ぶときに大事なポイントを一つずつご紹介します。

 

a name="311">1.古物商許可証をもった正式な買取業者か

着物 買取

 

ここは正直当たり前のことなのですが、その着物買取業者が古物商許可証をもった正式な買取業者かということを調べましょう。

 

着物に限らず、中古品を買い取って、リユース市場に転売することで利益を得る業態の場合、古物商許可証というのが必要で、あらかじめ警察に届け出る必要があります。
これは盗品などを買い取ったり転売することを防ぐ目的のもので、中古品を取り扱う質屋、リサイクルショップ、古着屋、美術商などは必須の許可証となります。
着物買取業者の場合も、当然ながらこの古物許可証が必要であり、警察に届け出る必要があります。

 

この着物買取ナビでご紹介している着物買取業者は、すべて古物商許可証をもっている正式な買取業者なので安心ですが、ネット上には一部、古物商許可証も持っていないような悪徳な買取業者もいるみたいです・・・・。
そういった悪徳な買取業者に騙されないためにも、古物商許可証を持っているかどうかは確認するようにしましょう。

 

また、着物に限ったことではないのですが、こういった買取業者は海千山千の世界といわれています。
どういうことかと言うと、商売のために不当に安く買い叩いてきたり、強引に押し買いしていくような悪徳な買取業者も中にはいるということです。
悪徳な買取業者でないかどうか、口コミや評判をよく調べておくことも大事です。
中には消費者庁などにクレームが入り、行政処分が下されたような買取業者もいるので、そういったところには注意しましょう。

 

着物買取ナビでご紹介している着物買取業者なら、そういった悪徳な業者は含まれていないので安心です。

 

2.自分にあった買取方式か

着物 買取

 

ネット上の着物買取業者では、買取方式として主に下記の3つがあります。

 

1.出張買取
2.宅配買取
3.持ち込み買取

 

自分にあった買取方式を採用している着物買取業者を選ぶようにしましょう。

 

出張買取

着物 買取

 

出張買取というのは、自宅まで査定員が出張してくれて、目の前で査定してくれて買取してくれるというものです。

 

自宅まで来てくれるので、面倒な手間は一切なくておすすめです。
着物を梱包したり発送する手間すら必要ありません。

 

この出張買取の場合、一番大事なポイントとしては出張料がかかるかどうかです。
さらに大事なポイントとして、着物の買取を断った場合でも出張料は請求されないかということです。

 

着物買取ナビでご紹介している着物買取業者であれば、出張買取は完全無料です。
さらに買取を断ったとしても、出張料を請求されるようなことは一切ありません。
買取を断っても出張料を請求されないかどうかというのは、非常に重要なポイントなので必ずチェックするようにしましょう。

 

悪徳な着物買取業者の場合、出張査定してもらったら、思いがけず安い査定額だったので買取を断ったら法外な出張料を請求されてしまい、泣く泣く買い取ってもらった・・・という口コミもあるみたいです。
そういった悪徳な着物買取業者に騙されないためにも、買取を断った場合の出張料の有無については必ず確認してくだしさい。
着物買取ナビで紹介している着物買取業者なら大丈夫です。

 

出張買取の最大のメリットしては、目の前で査定してくれて現金で買取してくれるということ。
次にご紹介しますが、宅配買取の場合、着物を郵送して査定してもらうので、査定は見えないところでおこなわれます。
そのため、査定の根拠などが不鮮明になってしまい、安い金額だと納得がいかないというケースも出てきます。

 

着物 買取

 

一方、出張買取の場合、目の前で査定してもらえるので、どうしてこの金額になるのかを直接説明してもらえますし、買取金額の柔軟な交渉にも対応してもらえます。
また、宅配買取の場合は買取額というのは銀行振り込みになりますが、出張買取の場合は、その場で現金で買い取ってもらえます。
すぐに現金が必要という人にとってはメリットといえますよね。

 

また、出張買取の場合、自宅まで来てくれるため、着物が大量にある場合でも大丈夫です。
宅配買取の場合、着物を郵送する必要がありますが、そもそも着物を梱包して郵送するというのは結構大変です。
大量にある着物の場合、かなり難しいです。
遺品整理などで大量に着物が出てくるケースは多いですが、出張買取であれば、その場合も電話一本で自宅まで査定&買取に来てくれます。

 

宅配買取

着物 買取

 

着物買取のもう一つの方式として宅配買取があります。
宅配買取というのは着物をダンボールなどに詰めて送り返すだけで査定&買取してくれるというもの。

 

誰にも会わないで査定&買取まで完了するので、人に会うのが苦手という人におすすめです。
また、自宅まで出張買取にこられるのには抵抗があるという人にもお勧めと言えます。
宅配買取の場合も、多くの着物買取サイトの場合、完全無料です。
つまり、宅配買取の往復の送料、査定料、買取手数料などは一切かかりません。
さらに買取キャンセルした場合の返送料についても無料というところが多いです。

 

着物買取ナビでご紹介している着物買取サイトの場合、買取キャンセルの場合の返送料も無料です。
ただし、一部の着物買取サイトの場合、買取キャンセル時の返送料は有料というところも結構あるので注意してください。

 

宅配買取のメリットは誰にも会わずに査定&買取まで完了できること。
デメリットとしては、査定がブラックボックスになってしまうことと、買取額の交渉は出来ないということ。

 

持ち込み買取

着物 買取

 

ネット上の着物買取業者の一部では、店頭での持ち込み買い取りもおこなっています。
これは着物買取業者の店頭もしくは会社に直接着物を持ち込んで査定してもらうというもの。

 

ただ、そもそもネット上の着物買取業者というのは、質屋やリサイクルショップと異なり、実店舗をもたないことでコスト削減し、着物の高価買取を実現しているところが多いです。
そのため、持ち込み買取を実施しているところはあまり多くありません。
持ち込み買取の場合、着物を自分で持ち込む必要があるため、交通費もかかってしまうし、そんなにおすすめしません。
持ち込み買取するぐらいなら出張買取で来てもらったほうがいいと思います。
自宅への出張買取に抵抗があって、宅配買取が嫌だという人には持ち込み買取がおすすめかもしれませんね。

 

3.査定だけでも無料でOKか

着物 買取

ここはちょっと繰り返ししになってしまうのですが、大事なポイントなので再掲します。
査定だけでも無料でOKかどうかというのは、きちんとチェックしておきましょう。

 

出張買取の場合、買取を断っても出張料を請求されないか。
宅配買取の場合、買取キャンセルをしても無料で返送してくれるか。

 

上記のポイントは必ずチェックするようにしましょう。
悪徳な買取業者の場合、買取を断った場合に法外な出張料や返送料を請求してくるようなところもあるらしいです。
法外な出張料や返送料を払うぐらいならと、泣く泣く買い取ってもらったという口コミもあるようです。
このポイントは重要なので必ずチェックしてください。

 

そもそも買取を前提としておらず、査定だけでもOKという着物買取業者を選ぶようにしましょう。
着物買取ナビで紹介している着物買取業者の場合、買取は前提としてなくても、とりあえず買取金額を調べたいということで査定だけでもOkになっています。
着物を高く売りたいのなら、とりあえず査定額を調べて比較してみることは重要です。
そのためにも買取キャンセルしても無料で、査定だけでもOKな買取業者を選ぶようにしましょう。

 

4.押し買いなど強引な買取はおこなわれていないか

着物 買取

 

安心して着物を売るために、押し買いなどの強引な買取をおこなっていないところを選ぶようにしましょう。

 

というのは、着物に限らないのですが、悪徳な買取業者による強引な買取が問題になったことがありました。
これは「押し買い」といわれる手法で、買取するまで帰らないとか、恐喝めいた行為をして強引に安く買い取っていくものです。

 

2010年ごろに金相場が高騰している時期には、着物を買い取ると言っておきながら、着物は不当に安い金額しか提示せず、変わりにダイヤや金の指輪はないかと買取を強引に提案してくるものもありました。
中には、とりあえず持ち帰って査定するといって強引に持ち去り、そのまま承諾を得ていないのに転売するという悪徳なケースもあったそうです。
このように以前は悪徳な着物買取業者がはびこっており、消費者センターや消費者庁などの関連省庁に苦情やクレームが相当あったそうです。

 

そんな中、一部の着物買取業者に消費者庁から行政処分が下されるという事態まで発展しました。
このように押し買いなどの強引な買取手法をおこなっていた悪徳な買取業者も以前は多数いました。
現在はそういった悪徳な着物買取業者は減っているとはいえ、一部には現在もいるようなので注意するようにしましょう。

 

着物買取ナビで紹介している着物買取業者でれば、その心配は無いので大丈夫です。

 

5.クーリングオフなどの制度が整っているか

着物 買取

 

上記のように、一部の悪徳な着物買取業者では押し買いといった強引な買取をおこなっています。
そのため、クーリングオフなどの制度を整えている買取業者を選ぶようにしましょう。

 

以前はクーリングオフというのは、モノやサービスの購入に関してのみに適用されていました。
しかし、2010年ごろに悪徳な着物買取業者の押し買い行為が社会問題化したため、モノの買取に関してもクーリングオフ制度が適用されるようになりました。
すなわち、買取の成立の8日以内であれば、理由を問わず買取をキャンセルさせることが出来るというものです。
理由は問わないため、買取してもらった後、やっぱり気が変わったということでもOKです。

 

クーリングオフ制度は法律として定められているものなので、買取業者が何と抵抗しようと利用できるものですが、そもそも会社としてクーリングオフ制度を利用できると明記している買取業者を選んだ方が安心です。
着物を安心して売るためにも、クーリングオフ制度について明記している着物買取業者を選ぶようにしましょう。

 

6.買取実績を公開しているか

着物 買取

 

着物買取業者を選ぶ最後のポイントとして、着物の買取実績をしっかりと公開しているところを選ぶようにしましょう。

 

結局のところ、着物の買取金額というのは、着物によって異なってくるので、実際にどれぐらいで買取してもらえるかというのは実際に査定してもらうまで分かりません。
これが真実です。
そのため、着物がどれぐらいで買取されるか悩むより、さっさと査定してもらった方が早いです。
というのも、着物買取ナビで紹介している着物買取業者であれば無料で査定してくれるし、買取を前提とせず査定だけでもOKですから。とはいうものの、着物の買取実績というのは、一応チェックするようにしておきましょう。
正直、着物買取業者のサイトに公開されている買取実績というのは、多くの買取実績の中から、とくに高く売れたものを取り出して紹介していると思っておいた方がいいです。
数十万円の買取実績が多く公開されているからといって、自分の着物も同じぐらい高く売れるとは思わない方がいいかもしれません。

 

とはいえ、その値段で買取した実績があるのは事実です。
(嘘の買取実績を書いているような着物買取業者はないと思いますが、全て鵜呑みにして信じるのもよくないと思います)
高価買取される着物のポイントは後にご紹介しますが、生地の種類、作家、伝統工芸品かどうかが大事なポイントとなってきます。
自分が売りたいと思っている着物の生地の種類、作家、伝統工芸品かどうかをチェックしてみて、それと同じような着物がどれぐらいの金額で買取されているか、買取実績でチェックしてみるとよいです。

 

買取実績はあくまでも参考ですが、多くの買取実績を公開している業者はより信用できるといえます。
多くの買取実績を公開しているところを選ぶようにしましょう。

 


着物の基礎知識・買取価格に重要な要素とは

着物 買取

ここでは着物を1円でも高く売るために必須な着物の基礎知識、コツについてご紹介します。

 

どうせ着物を売るのなら1円でも高く売りたいですよね。
でも、着物を高く売るためには着物の基本的な知識が必要です。
そもそも着物ついて知識がないと、どういう着物なら高く売れるのか。
そもそも着物の買取金額の相場とかも分かりませんよね?

 

ここでは着物についての基本的な知識と、どういう着物なら高く売れるのか。
着物を高く売るためのコツについてご紹介していきます。

 

着物の種類と買取金額の相場

着物 買取

 

そもそも着物の種類にはどういったものがあって、どういったものが高く売れるのか。
それぞれの着物の種類によって、買取金額の相場はどれぐらいか知っておきましょう。

 

高価買取が期待できるのは正絹の着物。化繊やウールは高くは売れない。

まず着物の価値を決める大きな要素として、生地の種類があります。
一口に着物と言っても、生地の種類によって買取金額の相場は大きく違います。
着物の生地の種類としては、絹、木綿、麻、ウール、化繊の5種類があります。

 

最初に結論から言っておくと、着物で高価買取が期待できるのは絹のものになります。
しかも、正絹(しょうけん)と呼ばれる、絹100%の着物の場合、かなりの高額買取も期待できます。
木綿や麻の着物についても買取してもらえますが、そんなに高価買取は期待できないかもしれません。
ウールや化繊の着物については、あまり高価買取は期待できません。

 

着物の買い取り相場というのは、着物によって大分異なるので、一概にはいえません。
それでも、一応の基準としては、正絹の着物であれば振袖などで数万円ぐらいといわれています。
これは無銘のものでこの買取相場ということであり、有名作家もの、伝統工芸品であれば、もっと高額な買取金額が期待出来ます。
正絹の振袖で数万円ぐらいなので、木綿や麻の無銘の着物であれば、もっと安い買取額になります。

 

ウールや化繊の着物の場合、正直、そんなに高額買取は期待出来ません・・・。
ただし、ウールや化繊の着物であっても、中には希少な着物であったりして思わぬ高値がつく場合もあるようです。
どうせ売れないと思う前に、とりあえず無料査定だけでも試してみた方がいい理由はここにもあります。

 

とくに遺品整理などで大量の着物が出てきたケースに多いらしいのですが、大量の着物の中に超貴重な着物が混じっていたりして、その1品だけで数十万円の超高額査定が出ることも珍しくないそうです。
TVのなんでも鑑定団のように、結構、一般家庭のタンスの中に超お宝の着物が眠っているということも実際にあるそうですよ。

 

また、着物の種類には「織り」と「染め」の二種類があります。
「織り」というのは糸を染めてから反物に織った着物のことで、「染め」というのは反物に織り上げてから色を染めた着物になります。
一般的に、「染め」の着物の方が高度な技術を要するということで、買取金額は「織り」よりも高くなる傾向があるそうです。
自分が売りたい着物が「織り」なのか「染め」なのかもチェックしてみるとよいです。

 

 

着物の買取価格に重要な着物の「格」とは

着物 買取

着物と一口に言っても、いろいろな種類があり、「格」というものがあります。
この「格」が高い着物ほど、買い取り相場も高くなります。
着物の格というのは、次の順番で高くなっています。

 

  1. 礼装着
  2. 略礼装着
  3. 外出着
  4. 普段着

 

礼装着というのは格式ある式典や冠婚葬祭のときの主賓のときに着用するもの。
略礼装着というのは入学式や結婚式で着用するもの
外出着というのはお出かけの際におしゃれとして着用するもの
普段着というのは、普段使いする着物のことで、浴衣や着流しもここに入ります。

 

それぞれの格の着物については、こちらのような着物があります。

 

着物の格と種類
礼装着 打掛、本振袖、喪服、黒留袖、色紋付、黒羽二重五つ紋付
略礼装着 色留袖、訪問着、振袖、色無地、お召一つ紋付、江戸小紋
外出着 付け下げ、付け下げ小紋、小紋、紬(無地)、絞り、お召、更紗、上布
普段着 絣、紬、黄八丈、ウール、銘仙、木綿、浴衣

 

一般に、礼装着>略礼装着>外出着>普段着の順番で格が高く、買取金額も高くなっていますが、礼装着のなかで喪服や黒留め袖などは、あまり高額買取は期待できないといわれています。
喪服や黒留袖というのは格としては高いのですが、中古市場では人気がなく需要があまりないみたいです。

 

高額査定が期待できる着物とは

 

一般的に高額査定が期待できる着物としては、以下のようなものがあります。

 

  • 有名作家の着物
  • 伝統工芸品の着物
  • 正絹の着物
  • 有名デパート、有名な呉服屋で購入した着物
  • 丈が長い着物

 

有名作家、伝統工芸品、正絹の着物が高く売れるのは分かると思うのですが、どうして丈が長い着物の方が高く売れるのかわかりますか?
それは丈の長い着物の場合、お直しすることが出来るからです。
お直しというのは着物をちょうどよいサイズに仕立て直すこと。
まさに大は小を兼ねるということで、丈の長い着物であればお直し可能ですが、丈が短いとそもそもお直しが出来ないので、買取金額も安くなってしまうということですね。

 

高額査定が出来る着物としては、着物の「格」も重要になってきます。
高額査定が期待できる着物として、とくに以下のような着物があります。

 

色留袖(いろとめそで) 既婚女性や未婚女性が礼装として着用する着物。黒以外の裾模様の豪華な着物です。結婚式では未婚の姉妹や親族が着用します。パーティーなどにも着ることが出来ます。
訪問着(ほうもんぎ) 幅広いシーンで着用できる着物。婚礼や格式の高いパーティーなどで、紋付をつけて準礼装として着用する。絵羽づけ模様が特徴的な着物。
小紋(こもん) 気軽な外出着として着用できる着物。友達との食事や観劇などに着用。着物全体に文様が繰り返されているのが特徴の着物。
振袖(ふりそで) 未婚女性が着用する礼装着。豪華な絵羽模様と長い袖が特徴。結婚式、パーティーなどで着用。
紬(つむぎ) 軽い外出着として着用できるカジュアルな着物。
絣(かすり) 気軽な外出着として着用。模様がところどころ霞んでいるように織られた着物。
上布(じょうふ) 夏用の外出着として着用。細い麻糸を平織りしておった着物。

 

これらの着物は中古市場でも需要が高く、思わぬ高値で売れることも。
高く売れる可能性がある着物についてチェックしていってくださいね。

 

高額査定が期待できない着物

着物 買取

 

逆に高額査定が期待できない着物としては下記のようなものがあります。

 

  • ウールや化繊の着物
  • 喪服や黒留袖など真っ黒な着物
  • 無地の着物や羽織
  • 長襦袢(下着)

 

一方、着物の状態というのはあまり関係ないようです。
たとえボロボロで古くて汚い着物であっても、着物としてよいものであれば高額買取の可能性はあります。
少なくとも買取不可ということにはなりません。

 

ちょっとぐらい汚れていたりシミやキズ等があっても、どうせ売れないとあきらめてしまう前に、とりあえず着物買取業者の無料査定を試してみることをおすすめします。
査定だけでも無料でOKなので、捨てて処分するぐらいなら、とりあえず無料査定を試してみるのはアリだと思います。

 

 


着物を高く売るためのコツ

着物 買取

 

着物を高く売るためのコツをご紹介します。

 

着物の基本的な知識を身につけた上で、こちらの高く売るコツを実践していきましょう。
少しでも着物を高く売るために、こちらのコツをよく理解した上で実践していってくださいね。
着物を1円でも高く売るためのコツはこちらになります。

 

着物だけではなく帯や和装小物もまとめて売る
証紙など付属品もいっしょに査定に出す
最低限のお手入れをしてから売る
複数の買取業者の査定額の比較をとる

 

着物を高く売るためのコツを一つずつご紹介していきますね。

 

1.着物だけではなく帯や和装小物もまとめて売る

着物 買取

着物を1円でも高く売るための最初のコツとしては、なるべくまとめて査定に出すということです。
1着の着物だけ査定に出すよりも、複数の着物をまとめて査定に出した方が、合計の買取金額は高くなる傾向があります。
とくに遺品整理などで大量に着物が出来た人のケースで高額買取がでることが多いそうです。
これは大量にある着物の中に、超お宝の着物が混じっていることによるそうですが、それだけではなく着物が大量にあることで、買取業者としても高額買取を出しやすいからなのだとか。
1着だけを買取するよりも、大量の着物を1回で買取するほうが、流通コストも低く抑えられるため、買取金額にその分を上乗せしやすいからだそうです。

 

また、着物だけではなく、帯や足袋といった和装小物もいっしょに査定に出すことも着物を高く売るための大事なポイントです。
帯や足袋といった和装小物なんて売れないと思うかもしれませんが、実はこういった和装小物も高く売れます。
着物とセットで査定に出すことで、先ほど述べた理由で、着物の買取金額をアップさせることも可能となります。

 

2.証紙など付属品もいっしょに査定に出す

着物 買取

 

着物を高くうるためのコツとしては、証紙などの付属品もいっしょに査定に出すことも大事です。
証紙というのは、その着物の品質や産地を証明する紙のことです。
この証紙があると、買取金額も大幅に上乗せすることが可能になるようです。
証紙なんてどこにあるか分からないという人も多いとは思いますが、大抵は着物の端切れとともに、たとう紙の中に入っているそうです。
着物を1円でも高くうるためにも、証紙を探してみてくださいね。


 

3.最低限のお手入れをしてから売る

 

古くて汚いボロボロの着物でも売れるとはいえ、最低限のお手入れはするようにしましょう。
着物買取業者は着物を買い取った後に、自分達でクリーニングしてから転売します。
どうせクリーニングされるから不要と思うかもしれませんが、査定の第一印象として着物の状態は重要です。
クリーニングまでは不要ですが、自分が出来る範囲で最低限のお手入れはするようにしましょう。
とはいえ、着物は洗濯することは出来ませんので、ホコリをきちんと払ったり、シワをのばしてきちんとたたむぐらいのお手入れで十分です。
買取業者の査定員に、きちんと愛情をもって保管していたことが伝わるように、最低限のお手入れをしてから査定に出すようにしましょう。

 

4.複数の買取業者の査定額の比較をとる

着物 買取

 

着物を高くうるための最後のポイントとしては、複数の買取業者の査定をとって、査定額を比較しましょうってことです。
複数の買いごり業者の査定をとった上で、その査定額を比較し、一番高い査定を出してくれたところに売るのが着物を高く売るために賢いやり方といえます。
そのためにも買取キャンセルした場合も出張料を請求されず、無料で返送してくれて、査定だけでもOKという着物買取業者を選ぶようにしましょう。
着物買取ナビでご紹介している着物買取業者であれば、査定だけでも無料でOKです。
実際に売るかどうかは別として、とりあえず査定金額を調べるつもりで、無料査定に出してみましょう。
複数の買取業者の査定をとった上で査定額を比較し、一番高いところに売るようにしましょう。
他社の査定額をもっていれば、その査定額をもとに買取金額の上乗せ交渉することだって可能です。
着物を1円でも高く売るためには、とりあえず複数の買取業者の無料査定をとってみることをおすすめします。


http://www.e-homepages.com/ http://www.amazone-restaurant.com/ http://www.the-red-earth.com/ http://www.torontosmalldogs.com/ http://www.edjetest3.com/ http://www.zantekladis.com/ http://www.schulthomesgobig.com/ http://www.kristallenergien.com/ http://www.follifolle.com/ http://www.ihotelscanarywharf.com/